メディア報道

【ちば民報】211205_「館山まるごと博物館」の挑戦

「館山まるごと博物館」の挑戦 ~「平和の文化」のまちづくり

安房文化遺産フォーラム 池田恵美子さんに聞く

(ちば民報2021.12.5付)‥⇒ 印刷用PDF

千葉県館山市では、戦争遺跡(以下、戦跡)をはじめとする自然や歴史・文化遺産を「館山まるごと博物館」と見立てて、市民が主役のエコミュージアムまちづくりを進めている団体があります。NPO法人「安房文化遺産フォーラム(以下、フォーラム)」です。エコミュージアムとは、市民が主体的に研究・展示・保全などの活動を通じて活性化を図るまちづくりの手法です。

フォーラムは、高校世界史教諭だった愛沢伸雄さんが戦跡を活用した平和学習を契機として、市民による文化財保存運動を経て設立されました。長く事務局長を務めた池田恵美子さんは、今年度より共同代表になりました。

今回、池田さんが千葉県立館山総合高校の1年生を対象に「観光の学び」の講義をするというので、同席して聴講し、お話を伺いました。

・平和学習の戦跡ガイド

講義では、安房地域の自然や歴史、文化が語られました。逆さ地図で見ると、日本列島の頂点に位置する館山は、重要な軍事拠点として中世の城跡や戦跡が多いのだといいます。特に戦跡については、真珠湾と館山湾、沖縄県と千葉県、本土侵攻計画「コロネット作戦」と大本営の本土防衛など、地図を比較しながら説明されました。

なかでも館山を代表する赤山地下壕(市指定史跡)は、資料が少なく建設時期は不明で、市の解説看板には戦争末期と書かれていますが、フォーラムの調査や証言では日米開戦前から掘り始めていたと推察されるそうです。

印象的だったのは、沖縄戦に続き関東一円をターゲットとする「コロネット作戦」では、その中心地が館山を指していることでした。さらにミズーリ号の降伏文書調印式の翌日(9月3日)には、館山に米占領軍3500名が上陸し、本土で唯一「4日間」の直接軍政が敷かれたといいます。

生徒たちはこうした事前学習とともに、館山の海で拾える貝殻を磨くアクセサリー作りをしたり、赤山地下壕と戦闘機を格納する掩体(えんたい)壕のほか、文化財である旧安房南高校木造校舎、〝渚の駅たてやま〟などをめぐる校外学習を体験しました。

・活動の原点

池田さんは小学生のころ、赤山地下壕を探検したことがあり、トンネルを抜けたら巨大な広場に出て、見上げると吹き抜けの空が見え、とても驚いたそうです。現在の見学コースにはありませんが、海軍が山をくりぬいて作った縦穴の燃料タンクだとのことです。

12歳の時には、ハワイのジュニアスクールに参加して自然や歴史・文化を学んだことがあり、「多くの人にも体験してほしい」と思ったことが学校外の教育を志した原点となり、今の活動に繋がっているといいます。

大学卒業後は東京で金融業、社会教育の仕事を経て、2000年に館山へUターンし、愛沢さんと出会いました。人は自分の住む地域を知ることで誇りが生まれ、自己肯定感が育まれるという教育実践に共感し、二人三脚でNPO活動を始めました。

国連はユネスコの提唱を受け、2000年を「平和の文化国際年」と宣言し、翌年から「世界の子どもたちのための非暴力と平和の文化10年」と定めました。「平和の文化」とは、対立を暴力によらず、対話によって解決していこうとする価値観や行動様式のことです。ところが、アメリカ同時多発テロ事件により、「平和の文化」は風前の灯火となりました。

「平和の文化」を社会に実現するためには、ピースツーリズムという平和産業の構築が急務だというユネスコの考えに賛同した愛沢さんと池田さんは、これをフォーラムと活動理念としました。

近年、愛沢さんは心臓病と脊椎の難病を患ってしまい、今は自宅療養をしながら調査研究を進めています。フォーラムは池田さんが中心となって取り組んでいますが、メンバーには愛沢さんの教え子も多く、授業づくりからまちづくりへ広がってきた活動を支えているそうです。

・市民が主役のまちづくり

フォーラムでは、全国から訪れる団体のニーズに合わせ、多様なスタディツアーガイドを行っています。その活動は「平和・人権・地域づくり」へと広がり、年月とともに深められていると感じます。

少子高齢化が深刻になった布良(めら)という漁村の活性化を目ざし、地区コミュニティ委員会と協働で「青木繁『海の幸』誕生の家と記念碑を保存する会」を立ち上げました。全国の画家とともに保存基金を集めて「小谷家住宅(市指定文化財)」を修復し、青木繁「海の幸」記念館を開館しています。

学校統合によって使われなくなった県立安房南高校旧第一校舎(県指定文化財)を維持するために、「安房高等女学校木造校舎を愛する会」を発足して、草刈りや掃除の環境整備、年に一度の公開事業を支援しています。

安房南高校の平和学習が契機となって始まったウガンダ支援交流は、県立安房高校、私立安房西高校へと活動のバトンが渡され、27年目を迎えました。首都カンパラには「アワミナミ洋裁学校」と命名された職業訓練校も開かれ、友情が続いています。この活動に賛同した「安房・平和のための美術展」や、喫茶店25店舗の協賛によるウガンダコーヒー月間の取り組みなどに広がり、高校生から始まった支援交流の輪は様々な形で地域に根づいています。

フォーラムは多様な市民活動を繋ぐコーディネーター役です。「館山まるごと博物館」として地域資源に磨きをかけるだけではなく、そこに住む一人ひとりが得意分野の知識や技術を活かし、いきいきと活躍する場を提供しているのです。

全国から来訪するスタディツアーの皆さんは、単に戦跡めぐりで終わるのではなく、「館山まるごと博物館」をヒントにしてまちづくりを進め、ネットワークの手を繋ぎましょうと池田さんは言います。お互いの事例を学び合い、地域間のまちづくり交流が盛んになることは、住みやすい地域社会への一歩かもしれません。

▼安房文化遺産フォーラム
館山市北条1721-1
電話:0470-22-8271

(写真キャプション)
・高校で「他観光の学び」の講義
・館山市長から感謝状を受けるフォーラムメンバー

【東京新聞】211122_明治のアワビ漁師に思いはせ-南房総千倉で散策
明治のアワビ漁師に思いはせ
南房総千倉の旧家など散策
渡米した足跡探る

旧家を見学しながら、およそ二キロの散策ルートを楽しんだ。(山田雄一郎)

ウオーキングを開催したのは、地元のNPO法人安房文化遺産フォーラムなど。歴史を知り、先人たちの姿から地域活性化のヒントを探ろうと、南房総市の市民提案型チャレンジ事業として行われた。同フォーラム関係者がガイドを務め、太平洋沿いの国道近くに立ち並ぶ旧家を見て回った。

ある旧家では、モントレー湾から持ち帰ったアワビの大きな貝殻が軒先で示され、ふだん目にする地元のアワビとは違った大きさに参加者は驚きの表情を見せ、手に取って確かめた。散策ルート上には、兄がアワビ漁師として渡米した、日本人初のハリウッド俳優早川雪洲の旧家も。近くのミニ博物館では、日米親善の国旗が描かれた大漁祝い着「万祝(まいわい)」やモントレー湾での様子などを撮影した写真に目を留めた。

東京都内の大学に通う佐野一成さん(21)は館山市出身。NPOの運営などに関する卒業論文をまとめるため、ウオーキングに参加した。アワビ漁に携わった旧家が密集して残る様子に触れ「昔の地域コミュニティーの在り方が分かって面白かった」と振り返った。

同フォーラムによると、一八九七(明治三十)年、根本村(現・南房総市白浜地区の一部)出身の小谷源之助(一八六七〜一九三〇年)・仲治郎(一八七二〜一九四三年)兄弟らがモントレー湾の豊富なアワビ漁に注目し、渡米。アワビステーキや缶詰などで成功を収めた。漁師たちは日本人コミュニティーをつくり、ゲストハウスには尾崎行雄、竹久夢二ら政治家・芸術家が訪れ、日米親善に寄与した。仲治郎は帰国し、現在の南房総市千倉地区で潜水技術者を養成し、米国に住む源之助のもとへ送り込んだ。

【房日】211111_11月14日にウォークイベント(千倉アワビ街道)

14日にウォークイベント_参加者募集
房総アワビ移民研究所

(房日新聞2021.11.11付)‥⇒印刷用PDF

房総アワビ移民研究所によるイベント「渡米したアワビ両紙たちのふるさとを訪ねよう」が、11月14日午前10時半~正午、南房総市千倉町大川の七浦診療所をスタートに開かれる。参加者を募集している。参加者無料。

同研究所は、明治期に安房地域から渡米したアワビ移民の歴史を掘り起こし、後世に伝えようと、地域に残されている古文書を読み解き、調査研究を深めている市民団体。歴史文化や功績を明らかにすることで、地域振興や国際交流の活性化につなげようと活動しており、同市の令和3年度市民提案型まちづくりチャレンジ事業のチャレンジコースに採択されている。

今回は、NPO法人安房文化遺産フォーラムと明治時代のアワビ漁師らのふるさとを訪ねるウオーキングイベントを企画。まちかどミニ博物館(同市千倉町千田)の見学もある。

小雨決行、荒天の場合は中止。

また、同研究所は14日まで、同市の三芳農村環境改善センターで行なわれている南房総市文化祭で資料などを出展。古文書の調査内容などをパネルいまとめ、展示している。

イベントの申し込み、問い合わせは、同研究所の鈴木さん(090-5812-3663)へ

 

⇒ ウォーキングの詳細はコチラから。

【房日】211017 南房観光連功労者表彰

南房観光連 功労者4人を表彰
地域の観光振興に尽力

(房日新聞)2021.10.17付 ⇒ 印刷用PDF

安房3市1町の観光関係者で組織する、南房総観光連盟(堀江洋一会長)による表彰式が14碑、南房総市のとみうら元気倶楽部さざなみホールで開かれた。地域の観光振興に功績のあった人を表彰するもので、今回は4氏が表彰された。

表彰されたのは、大河内博夫氏、片方義明氏、峯隆司氏、川名三雄氏の4人。堀江会長からそれぞれに賞状が手渡された。

受賞者を代表して片方氏が「栄誉に報いるためにも、さらにたゆまぬ努力をいたす所存ですので、今後とも変わらぬご指導をお願いします」などと謝辞を述べた。

表彰された各氏の功績はとおり。=敬称略

▽大河内博夫

▽片方義明
=平成6年にタクシー乗務員の立場で地域の特色を紹介しようと、自然や文化遺産について学び、19年には県のディスティネーションキャンペーンを機に、館山市を拠点とした南房総の観光タクシーコースの開発、運転手の資質向上に尽力。NPO法人安房文化遺産フォーラムに所属し、スタディツアーのガイドも務め、赤山地下壕跡の無料ガイドを10年以上つづけている。現在、館山市観光協会理事、館山商工会議所鏡ヶ浦特別委員、タクシー業界の立場でユニバーサル観光開発に参画し、誰にでも優しい館山を目指している。

▽峯隆司

▽川名三雄

 

 

【房日】211003_木造校舎の魅力紹介

11月3日 旧安房南高校から講演を生配信
木造校舎の魅了紹介

房日新聞2021.10.3付)‥⇒ 印刷用PDF

県教育委員会は11月3日、館山市の安房南高等学校旧第一校舎(県指定有形文化財)の魅力を伝えるオンライン講演会を開催する。事前申し込み制で参加費は無料。同1日まで参加者を募っている。

旧安房南高等学校の前身である県立安房高等女学校の校舎が、大正12年(1923)の関東大震災により倒壊したため、災害の経験を生かした耐震構造建築として、昭和5年(1930)に新築されたもの。建設当時の様子をよくとどめており、平成7年(1995)3月14日に県指定有形文化財となった。

講演会は、鋸南町の保田小学校や、大多喜町役場のリニューアルなどに関わった建築家、夏目勝也氏を講師に、木造校舎の魅力を現地から伝える内容。

時間は、午後1時から2時半まで。申し込みは、NPO法人安房文化遺産フォーラムのホームページ=QRコード=から、フォームに入力して申し込む。後日、メールにて送付されるZoomのアドレスと、パスワードを使用して配信を視聴する。

詳しい問い合わせは、安房文化遺産フォーラム(0470-22-8271)へ。

詳細はコチラ

【月刊教育旅行】2108_ 平和・交流・共生を学ぶ「館山まるごと博物館」

(月刊『教育旅行』2021年8月号_~戦争遺跡で考える「戦争と平和」)  印刷用PDF

平和・交流・共生を学ぶ「館山まるごと博物館」
~東京湾要塞の軍都・館山の戦争遺跡~

NPO法人安房文化遺産フォーラム 共同代表 池田恵美子

南北逆さに地図を見ると、房総半島南端の館山は、弧を描く日本列島の頂点に位置している。太平洋に突き出て、東京湾の入口にあたるため、古くから海路を通じて海洋世界の人びとと交流し、共生してきた地である。その地の利は支配権力にとっての要衝でもあり、中世には水軍をもつ里見氏が170年にわたり安房国を治め、明治期以降は東京湾要塞の重要拠点となった。

狭い半島先端部に、中世城跡と近代の戦跡群は重層的に存在している。たとえば館山城跡は、戦時下に頂上が削られて砲台が築かれており、現在、八犬伝博物館のある城山公園は城郭遺構と戦跡の両方を見ることができる。多彩で魅力的な自然・歴史文化遺産を「館山まるごと博物館」と呼び、スタディツアーガイドをおこなっている。

なかでも戦跡は館山市内に47確認されており、Aランク18(近代史を理解するうえで欠くことができない史跡)、Bランク13(特に重要な遺跡)と高い評価が多い。とりわけ「館山海軍航空隊赤山地下壕跡」(館山市指定史跡)は平和学習拠点として一般公開され、多くの来訪者を迎えている。

平和学習プログラム

NPOのスタディツアーガイドは10人以上の団体で引き受けている。館山の平和学習は、加害と被害の両面から戦争を俯瞰できることも特徴のひとつである。しかし、沖縄・広島・長崎とは異なり、ただ見学しただけではその歴史背景を理解することがむずかしい。

そこで平和学習プログラムとして、約1時間の座学をテキスト付きで提供している。見学は20人程度のグループ毎にガイドがつき、参加費は一人あたり1500円である。

基本コースの赤山地下壕は所1時間弱。ほかにも、徒歩10分のところにある掩体壕をはじめ、団体の希望に応じて多様なオプショナルコースを組んでいる。

座学では、真珠湾と館山湾、沖縄県と千葉県、米軍の本土侵攻計画「コロネット作戦」と大本営の本土決戦防衛計画などの地図をそれぞれ比較しながら、世界戦略上に位置づけられた館山の役割を地政学的に紹介している。

館山まるごと博物館」の総合学習は、歩いて渡れる無人島「沖ノ島」の環境学習や貝磨きアクセサリー作り体験、木造文化財校舎の見学、海岸段丘や200万年前の海底地滑り地層などを組み合わせることもできる。

赤山地下壕の謎

沖合で3つのプレートがぶつかり合う影響から、館山は日本で一番隆起しているといわれる。関東大震災では湾岸部の市街地が99%壊滅し、2つの離れ小島までの間が干潟になった。

そこを埋め立てて、震災7年後の1930年に館山海軍航空隊が開かれた。1✕2kmの狭い航空隊は通称「陸の空母」と呼ばれ、艦上攻撃機のパイロットや落下傘部隊の養成がおこなわれた。

その南側に位置する標高60mの赤山内部には、網の目状に2km近く掘られた巨大な地下壕がある。ほとんど資料がなく、作られた時期は不明である。市教委の文化財看板には「終戦が差し迫った1944年より後に建設されたのではないか」と書かれているが、昭和一桁生まれの周辺住民は「日米開戦前から掘り始められていた」と証言している。

壕内の壁面は凝灰岩質砂岩で、鮮やかな地層や断層が美しい模様を描いている。平和学習だけでなく、総合学習の教材としても人気が高い。大部分が素掘りで、均等な力加減で掘られたツルハシ痕がくっきりと残っている。発電室の壁や天井は、岩盤の上に金網を張ってコンクリートを塗り、崩落防止が施されている。はたして戦争末期の混乱時期に、こんなに丁寧な作業ができるものだろうか。壊滅した震災後の地質調査をしたうえで場所を選定し、かなり早い段階から専門部隊によって秘密裏に掘られたモデル的な地下壕でないかと推察される。

本土唯一の直接軍政

艦船ミズーリ号での降伏文書調印式の翌日、1945年9月3日。米占領軍3600名が館山に上陸し、本土唯一「4日間」の直接軍政が敷かれた。敗戦後の日本の占領政策を考えるための試金石だった可能性が高い。

赤山地下壕内には「USA」の朱文字が残されている。近年、米国テキサス軍事博物館から入手した資料のなかに、館山に上陸した米占領軍司令官の報告書があった。そこには、「完全な地下海軍航空司令所が館山海軍航空基地で発見され、そこには完全な信号、電源、ほかの様々な装備が含まれていた」と記され、赤山地下壕が完ぺきな状態で存在していたことがわかる。単なる防空壕ではなく、館山海軍航空隊の管制機能をもつ航空要塞的な地下施設であったことが示唆される。

「平和の文化」を学ぶ旅

21世紀を迎えるにあたり、国連はユネスコの提唱を受けて、世界中を「平和の文化」で充満することを宣言している。「平和の文化」とは、対立が起きたとき、あらゆる生命を傷つけることなく、暴力によらず対話によって解決していこうとする価値観や行動様式と定義される。

戦争末期、安房では農民には花作り禁止令が出されたが、「花は心の食べ物」として命がけで花の種苗を守った農民がいたおかげで、戦後の花畑につながっている。

ほかにも、江戸期に建立された平和祈願のハングル「四面石塔」や、清国遭難船を救助した記念の「日中友好」の碑をはじめ、「平和の文化」の教材が多くある。館山の平和学習は、戦争という一面的ではなく、交流・共生という観点から「平和の文化」を多面的に学ぶことができる。

スタディツアーガイドの概要はコチラ