メディア報道

【房日寄稿】240517_教育とは~母親大会からの学び(本明明香)

「教育とは?~母親大会からの学び~」
.. 本明明香(母親大会実行委員/南房総)

(房日 2024.5.17付)

昨年12月に開催された第29回安房地域母親大会では、映画『夢みる小学校』上映会と、世田谷区立桜丘中学校の西郷孝彦前校長のトークセッションを行いました。映画には未来の教育のヒントがたくさんあり、西郷先生のお話では、子どもの気持ちに寄り添う改革に感動しました。桜丘中学校では、合理的配慮の結果、校則、定期テスト、宿題廃止となりました。

昨年度、わが子の不登校を通じてさまざまなご縁があり、学校教育について多角的に考える機会となりました。学校の意義とは何でしょう。教育すべきことは何でしょうか。

勉強はユーチューブでもできます。勉強やスポーツで優劣をつけ評価することは正解でしょうか。スマホやSNSなど、子どもの日常でトラブルあるものは家庭任せ。トップダウン式の校則順守。善悪の心、皆で一つのゴールに向かう心を良しとする教育。その良さもあるでしょうが、子どもたちは果たしてそれを心から望んでいるのでしょうか。上からの押し付けになっていないでしょうか。

親目線から、公立教育に取り入れてほしい視点を3つにまとめました。

一つ目は、国際法である「子どもの権利条約」です。全ての子どもには、自由に意見し、活動できる権利があります。子どもにとって一番いいことを一緒に考え、一人ひとりと丁寧に向き合うことが求められています。

二つ目は、障害のとらえ方です。現状では、個人の中に障害があるとし、社会に適応するために個人が障害を治療・改善することが求められます。不登校支援教室でも、そのような対処の仕方をされていると感じました。でも、個人と社会環境との相互作用の中にこそ障害はあります。これからは社会の側が、障害のある人がいることを前提として環境を変えていくことが大切です。そうすれば、全ての子どもにとって過ごしやすい学校環境となると思います。

三つ目は、反権威主義教育です。世界的に有名な教育者A・S・ニイル氏が100年前、サマーヒル・スクール創設において提唱しました。「学校が大きらい」な子どもにとって、生徒と教師を隔てる壁こそが問題だと言及しています。大人がつくる世代間の断絶は、一生続く劣等者意識や、力を持つ人に服従する恐怖を与え、人間に秘められた可能性を破壊し、犯罪やノイローゼを生み出す一端となり、抑圧的な社会体制へつながると言及しています。先生と親しく本音で付き合える学校こそ、必要だと思います。

『夢みる小学校』を観て、教育で大切なことは「対話×プロジェクト×幸せ」だと考えました。対等な対話。チームで達成するプロジェクト学習。成功体験で自己肯定感を育み、基礎学力も培います。問題解決力や自分の適正も見えてきます。また、幸せに満たされることで、周りへの優しい心が自然と育まれます。

子どもの意見を尊重して、我が子に宿題をやらせたくないという保護者の声もよく聞きます。その場合には、教育基本法第十条をもとに学校と話し合いをしてみてはいかがでしょうか。法律は「父母その他の保護者は、子の教育について第一義的責任を有するものであって、生活のために必要な習慣を身に付けさせるとともに、自立心を育成し、心身の調和のとれた発達を図るよう努めるものとする。国及び地方公共団体は、家庭教育の自主性を尊重しつつ、保護者に対する学習の機会及び情報の提供その他の家庭教育を支援するために必要な施策を講ずるよう努めなければならない」と言及されています。家庭での時間は、子どもの人間力を育むために、保護者に責任があるからです。

教育の主権者は、子どもと保護者です。「いい顔してちゃダメ」という西郷先生の言葉に背中を押され、自分の意見を伝える大切さを実感しています。子どもには意見を表す自由があります。

親として、どんな教育をしてほしいのか、子どもの意見も聞きながら、学校の先生と一緒に変えていくときだと思います。私は、学びを深め価値観を広げたいと思い、友人と一緒に教育について対話する企画を始めました。一人ひとりの個性を伸ばして生きる力を育む教育であってほしいと願っています。

(安房地域母親大会実行委員)

【房日】240428_「大神宮の森」でフォーラム

「大神宮の森」でフォーラム
オンラインで全国の130人に配信

(房日新聞 2024.4.28.付)

館山市の安房神社の周囲の森に、縄文時代に由来する道や集落などを再現して次の世代につなぐ取り組み「安房大神宮の森コモンプロジェクト」を広く知ってもらうことを目的とした「安房の森 風土・歴史フォーラム」が27日に開催された。関係者約40人が集まった館山市の館山野鳥の森多目的ホールから、事前に申し込んだ全国の約130人にもオンラインで配信された。

最初にプロジェクトの代表で、館山市の「森づくり大使」を務める高田宏臣さん(54)が、構想の内容やこれまでの活動を報告。館山市と南房総市をまたぐ約55ヘクタールの森にはかつて集落が点在し、人々が自然と向き合いながら農耕などを行っていたことを紹介し、通り道や集落を復元して自然や野生動物とともに暮らす環境をつくることで、人間の心の豊かさを取り戻したい、と訴えた。

続いてプロジェクトの運営委員会に加わっている同市のNPO法人「安房文化遺産フォーラム」共同代表の池田恵美子さんが「逆さ地図から見る安房の地」と題して講演したのに続き、高田さんと池田さん、26日まで5日間にわたり森の中で行われた企画「縄文集落&縄文小屋をつくろう!」で棟梁(とうりょう)を務めた「縄文大工」の雨宮国広さん(55)が対談。

人間の共有物としての森を守り、育てて次の世代へ受け継いでいくことの意義と、広くコストを負担してプロジェクトを支えることへの理解と協力を呼び掛けた。

関係者らはフォーラムの後、実際に森の中に足を運び、豊かな自然が残っている状況や、プロジェクトの一環で高田さんらが一般参加も呼び掛けて復元している縄文時代の道や掘っ立て小屋の様子を見学した。

【東京新聞】240425_「安房大神宮の森」守り育み次世代へ

(東京新聞 2024.4.25付)

森は先人からの預かりもの

「安房大神宮の森」を守り、育み、次世代へ

NPO法人・高田さんがプロジェクト

 

縄文時代からの先人に学び、山と人が永続的に付き合うモデルの森にしよう-。自然環境の再生に取り組むNPO法人「地球守(ちきゅうもり)」の高田宏臣さん(54)=千葉市若葉区=が、安房神社(館山市大神宮)の周辺に広がる森で「安房大神宮の森コモンプロジェクト」を始めた。同志を募りながら古道や水場、集落を再生し、次世代に手渡す取り組み。土地に合った再生に向けて地域の歴史などを学ぶ連続講座も開催。第1回が27日、オンラインで開かれる。(山本哲正)

 

続きを読む »»

【房日】240425_縄文集落&小屋をつくろう!

(房日新聞 2024.4.25付)

「縄文集落&小屋をつくろう!」 館山・大神宮の森で26日まで

館山市の「大神宮の森」で、縄文時代の小屋や集落を再現する企画「縄文集落&縄文小屋をつくろう!」が行われている。26日まで。期間中、関東地方を中心に関西や東北などから延べ約180人が作業に参加する。

豊かな自然が残る安房神社周辺の森を次の世代につなぐ活動に当たる市民団体「安房大神宮の森コモンプロジェクト」(高田宏臣代表)が、「JOMONさん」の愛称で親しまれる山梨県在住の元宮大工で「縄文大工」を自称する雨宮国広さん(55)を「棟梁」に招いて企画した。

竹やぶを切り開いて整地した長さ約8メートル、幅約4メートルの区画に直径約20センチ、深さ約60センチの柱を立てる穴を12カ所掘る。そこにスギやヒノキ、竹を資材にして小屋を建てる。

代表の高田さん(54)は今回の取り組みについて、「土地に負担をかけない暮らし方、人間が忘れてしまった暮らし方を実践したい」と話す。今後も月に1回程度、参加者を募り、徐々に道を延ばし、森の各所に同様のつくり方で小屋などを建てる取り組みを続ける。

雨宮さんは2017年に、石川県能登町の真脇遺跡で今回と同様のつくり方で縄文式の竪穴式住居をつくった。この建物は、今回の能登半島地震の揺れにも無傷だったことから、地元で驚きの声が上がったという。

雨宮さんは今回の取り組みに賛同した理由について「全ての生き物が幸せになる暮らしづくりという趣旨は、私が目指しているものと一緒」と話す。今後も自分の活動の合間に大神宮の森に足を運んでプロジェクトに関わるという。

今回のイベントでは、参加者から参加費(一般で1日7000円)を募った。材料の実費や昼食代、保険代の他、森を維持、管理するコストをみんなで負担し合い、広く森を共有するためだ。今後も、森を整備するさまざまなイベントを実施する計画で、高田さんは費用負担への理解と多くの参加を呼び掛けている。

⇒ 詳細はこちらへ。

【房日】240420_「大神宮の森」を次世代に 理解求めオンラインでフォーラム

(房日新聞 2024.4.20付)

館山市の安房神社の周囲に広がる大神宮の森に、縄文時代に由来する古道や集落などを再現し、次の世代につなごうという計画が、4月から動き出した。

この活動に取り組むNPO法人などでつくる「安房大神宮の森コモンプロジェクト運営委員会」が、取り組みの内容を広く知ってもらうためのフォーラムを、27日午前10時~正午にオンラインで開催する。定員500人。参加者を募集している。

無料だが、活動資金を応援する1000~5000円の寄付つきチケットもある。希望者は専用フォーム=二次元コード=から申し込む。

⇒ 第1回安房大神宮の森 風土・歴史フォーラム

続きを読む »»

【房日寄稿】240206-10 新資料からみる戦時下の安房高女①~⑤

⇒ 全文:論文データベース:愛沢伸雄
「新資料からみる戦時下の安房高等女学校」

印刷用PDF

 

房日寄稿 ① 2024.2.6付
房日寄稿 ② 2024.2.7付
房日寄稿 ③ 2024.2.8付
房日寄稿 ④ 2024.2.9付

【房日読者】231215_自主性伸ばす教育 母親大会でヒントを

自主性伸ばす教育 母親大会でヒントを

母親大会実行委員 南房総市・本明明香

私は3人の男児を持つ母です。現在、小学2年生の末子が不登校になっています。閉塞(へいそく)感のある教室で、周りに合わせておとなしく座り、授業を受けていることが息苦しくなってきたようです。私自身もかつて中学校の教員だったとき、学校が窮屈だなと思うことはよくありましたから、息子の気持ちも分からなくありません。

本来の息子は、とても勉強好きです。生き物が好きで、読書も好き。友達と野原を駆け回るのも好き。好奇心旺盛で、探求心も人一倍ある子どもです。その彼が、学校を楽しめないということは、親としても切ない思いでいます。

私も教育者の端くれとして、子どもたちが自分らしさを失わず、のびのびと好きなことに取り組み、主体的に生きていけるような教育環境を模索してきました。

続きを読む »»

【房日寄稿】231212_安房地域母親大会~映画と講演のお誘い

房日新聞寄稿 2023.12.12付

安房地域母親大会~映画と講演のお誘い

実行委員長 渡邉むつみ

安房地域母親大会は、「生命を生みだす母親は、生命を育て、生命を守ることをのぞみます」をスローガンに毎年おこなってきました。第29回目となる今年は12月17日(日)、「教育って何? 今、私たちにできること」をテーマに、南房総市富山岩井コミュニティセンターにて開催いたします。
激動のAI時代に対応するため、学習指導要領は「アクティブラーニング(探求学習)」に大きく舵を切り、日本の公教育が揺れています。そんななか、先進的な「子どもファースト」の教育を実践している学校があります。

続きを読む »»

【訃報】伊東万里子さん

 

 

伊東万里子氏(いとう・まりこ=劇団「貝の火」主宰・代表、日本人形劇人協会理事)
10月31日、東京都内の自宅で死去、91歳。

葬儀は近親者で済ませた。納骨は24日午前11時から、館山市上真倉2124の宗真寺で。喪主は劇団貝の火の小澤響氏。喪主は供花、供物、香典などを辞退している。

東京生まれ。館山市に疎開する。NHK「チロリン村とくるみの木」「プリンプリン物語」などで、人形操演者として出演。人形劇の第一人者として各種作品を演じた。

若いころ過ごした南房総市富浦地区を「第二のふるさと」として、昭和63年に稽古場(スタジオ)を開設。人形劇フェスティバルなどで、地元と深く関わった。創作「竜子姫物語」「南総里見八犬伝」などが代表作。


 

【追悼メッセージ】

伊東万里子さん、安らかに。
~平和と安房高女への想いを胸に~

NPO法人安房文化遺産フォーラム
代表 愛沢伸雄

人形劇団「貝の火」を主宰する伊東万里子さんが、10月31日に91歳で亡くなられました。その10日前に私がお会いしたときはお元気でしたので、天寿を全うされたのだと思います。心よりご冥福をお祈り申し上げます。

続きを読む »»

【房日】131207_安房地域母親大会~教育に関する映画とトーク

7日に富山岩井コミセンで安房地域母親大会

(房日新聞 2023.12.7.付)

房日新聞 2023.12.7付

第29回安房地域母親大会(同大会実行委主催)が17日、南房総市の富山岩井コミュニティセンターを会場に開催される。「教育って何? 私たちにできることは何か」をテーマに、映画上映、トークセッションなどが予定されている。入場料1000円(高校生以下無料)で、申し込みを受け付けている。

当日は2部制で、1部では、文部科学省選定映画「夢みる小学校」を上映。自己決定、個性化、探究学習という3つの原則を掲げ、独自の教育方針で運営する学校法人「きのくに子どもの村学園」に密着したドキュメンタリーとなっている。

2部では、映画に登場する世田谷区立桜丘中学校元校長、西郷孝彦さんを迎え、トークセッションを行う。校則や定期テストを廃止し、競争や選別の教育から抜け出した経験を話す。

午後0時45分から4時まで。上履きと靴を入れる袋の持参を呼び掛けている。予約制で、3歳から未就学児までを対象に100円で保育も受け付ける。

申し込みは、専用フォーム=QRコード=か、実行委員会の関さん(090―5762―5956)または、山口さん(090―5434―1535)へ。