イベント

050903=虹のかけ橋〜ウミホタルとアワビがむすぶ日米交流

虹のかけ橋〜ウミホタルとアワビがむすぶ日米交流

チラシ印刷用PDF

当日配布資料PDF

 

日時=2005年9月3日(土)13:30〜16:00
会場=千葉県南総文化ホール大ホール

.

【第一部】

・合唱組曲『ウミホタル〜コスモブルーは平和の色』初演コンサート

=作詞:大門高子/作曲:藤村記一郎

【第二部】

・スライドによる講演・日米対談

=サンディライドンVS堂本暁子千葉県知事

.

 

【参考資料】『太平洋にかかる橋〜アワビがむすぶ南房総・モントレーの民間交流史』

.

明治時代、南房総のアワビ漁師たちは、宇宙服に似たヘルメット式潜水器を漁業に導入しました。その漁法は太平洋をわたり、南房総の海岸風景によく似たアメリカ・カリフォルニア州モントレーの地で、新たなビッグビジネスを生みだしました。排日の機運の高まりのなかで、アメリカ人投資家と共同でアワビ事業を起こした南房総の兄弟-小谷源之助・仲治郎。彼らの事業は干鮑に始まりアワビ缶詰や鮑ステーキへと続くなかで、「アワビ」は徐々にアメリカ人の家庭に浸透していきました。カリフォルニア州政府は、その地元への貢献を称え、日系移民100周年にあわせて、彼らが活躍した地を「コダニ・ビレッジ」と公式に命名しました。

千倉町七浦出身で戦前にハリウッド俳優となった早川雪洲も、モントレーへ渡航経験のあった兄の関係で渡米したといわれています。また、「宵待草」の詩で一世を風靡した竹久夢二や憲政の父とも称される尾崎行雄ら日本からの文化人、政治家が小谷たちの地を訪問するなど、日米交流に重要な役割を果たしました。

現在、この同じテーマで調査研究を進めてきた日本とアメリカの人びとの交流により、これまで埋もれていた地域の歴史が明らかになってきています。モントレーの日系移民史研究の第一人者サンディ・ライドン名誉教授は、かつて日系人が排斥された時期に、高い潜水技術が評価されていた房総のアワビ漁師だけは、日米両国の政府から特別に渡米が許されていたという歴史事実を明らかにしました。

一方、戦時中、東京湾要塞地帯にあった館山は重要な軍事拠点であり、終戦直後の1945(昭和20)年9月3日にはアメリカ占領軍3,500名が上陸した地でもあります。この事実を知ったライドン名誉教授は、「戦後60年」の節目である2005年9月3日に平和を祈念し、南房総とモントレーの真の友好を願って、40名のモントレーの人たちとともに来日することになりました。

アメリカと房総にゆかりの深い堂本暁子千葉県知事もこの席に加わり、ライドン名誉教授とともに、地域から未来に向けての新しい日米民間交流の夢を語り合います。

050726~29たてやま日韓子ども交流(日韓友情年)


〜南房総平和フェスティバル2005〜子どもたちに平和を手渡そう〜

◆たてやま日韓子ども交流◆

(外務省「日韓友情年2005」実行委員会・認定記念事業)

.

日韓国交正常化40 周年を迎える今年、日韓両国では「日韓友情年2005」として、

両国の文化・経済・社会などにおける様々な交流事業を展開しています。記念すべき

この年に、韓国浦項(ポハン)市・浦項製鉄西初等学校の子どもたちを館山市へ招き、

館山市の自然や歴史文化をはじめ、互いの音楽の交流を通じて、日韓両国の子ども

たちの交流・友情の輪を育む「たてやま日韓子ども交流事業」を開催します。

.

【期間】2005年7月26日(火)〜29日(金)

【交流先】韓国・浦項製鉄西初等学校(4〜5年生:20人、引率教諭:4人、通訳1名)

【主催】NPO法人南房総文化財・戦跡保存活用フォーラム

【後援】館山市/館山市教育委員会/館山市国際交流協会/ちば国際コンベンションビューロー

.

【日程】

○7月26日(火)館山到着

・歓迎セレモニー・ウェルカムパーティ(たてやま夕日海岸ホテル泊)

○7月27日(水)

・ふるさと歴史探検

〜船形地区祭礼見学、房州うちわ作り体験、手作り甲冑着用体験、茶道体験

〜戦跡見学(赤山地下壕)、ハングル「四面石塔」見学

・おみやげ屋(ホームスティ)

○7月28日(木)

・ふるさと自然探検〜「沖ノ島」無人島探検、ビーチコーミング、貝殻ストラップ作り

・ふるさと音楽舞踊交流(白百合合奏団VS浦項製鉄西初等学校)

・おみやげ屋(ホームスティ)

○7月29日(金)

・お別れ(東京へ出発)

.

【事前説明会】7月16日(土)午前10時 たてやま夕日海岸ホテル

◇ 参加児童=おもに館山市内在住の小学校4・5・6年生 20 名(全部に参加する児童が優先参加)

◇ ホームスティ受入れ家庭=おもに参加児童家庭 韓国児童を2人ずつ預かり、送迎可能な家庭。

※ お子さんがいない家庭でも、場合によっては可

◇ ボランティアスタッフ募集

050709=第11回安房地域母親大会

【日時】2005年7月9日

【会場】南総文化ホール小ホール

【参加費】500円

【内容】

○講演①:きくちゆみ

「鴨川の女性が世界に呼びかけたこと」

○講演②:天羽道子

「自らの体験を通して日本の加害の歴史を考える」

○講演③:池田恵美子

「南房総にあった戦争を子どもたちにどう伝えるか」

050618=赤山地下壕を歩こう

【日時】2005年6月18日(土) 受付9:30 入壕10:00

【集合場所】豊津ホール(当日名簿記入)

【参加費】無料 予約不要

※駐車場は、大黒屋脇からプール裏手のゲートボール場をご利用ください。

【資料展】「戦後60年」〜南房総の戦争遺跡からアジア太平洋戦争をみる

【主催】NPO法人南房総文化財・戦跡保存活用フォーラム

.

私たちが住む南房総・安房は東京湾の入り口ということで、古代より軍事戦略的に重要な役割を占めてきました。近現代をみると、1880(明治13)年から半世紀をかけて「東京湾要塞」を建設したものの、関東大震災で壊滅的な打撃をうけました。ところが大震災の数年後には要塞を復旧して、要塞地帯の一角には、全国で5番目の館山海軍航空隊を開隊しました。この「陸の空母」と呼ばれた館山基地は、最新鋭の艦上攻撃機や陸上攻撃機の開発・実験をはじめ、いわゆる中国大陸への「渡洋爆撃」やハワイ真珠湾攻撃などのパイロットたちの実戦訓練基地として重要な役割を担っていました。そのなかで当時赤山地下壕がどのように使用されていたかは今もって不明なままです。

戦争末期になると、「赤山」全体に迷路のような地下壕や巨大な燃料タンク基地を建設し、本土決戦への準備がされていった。先日、木更津市にご健在のM氏は、当時16歳で三重航空隊入隊後、特攻隊員に志願して水上特攻艇「震洋」の陸上訓練を受け、約200人とともに赤山地下壕へ送り込まれ、昭和20年7、8月の2月間、壕内で出撃命令のため待機をしていたという重要な証言をしました。

赤山地下壕は2004年4月に平和学習の拠点として一般公開され、1年間で全国から15,000人が訪れています。翌2005年1月には館山市指定文化財となりました。

アジア太平洋戦争の始まりから終わりまでの「生きた証言者」でもある戦争遺跡を調査・ガイドしているNPOの案内と、当時の赤山地下壕の様子を証言者から聞きながら、じっくり赤山地下壕を見学してみませんか。また隣接している豊津ホールにおいて、安房の戦争遺跡を紹介する「戦後60年」資料展も行ないます。どうぞご来場ください。

050327地震シンポジウムin 南房総

地震シンポジウムin 南房総

-地震・津波を乗り越えてきた過去から学ぶー


【日時】2005年3月27日(日)13:30〜16:30

【会場】城西国際大学・安房ラーニングセンター(鴨川市太海)

【参加費】無料 (資料代500円)

【内容】

房総半島は過去に何度も、地震・津波の被害をうけています。 昨年の新潟地震やスマトラ地震と津波はその過去のできごとを、一挙に現実化させました。新潟で何があったのか? バンダ・アチェの被害はどういうものなのか? 過去の津波の到達地点はどのあたりまでなのか? 産廃処分場は大丈夫なのか?現在の行政がもつハザードマップも踏まえ、この地で生きていくことの意味・リスクを考えます。


【話題提供】

(1)新潟中越地震・被災の様子:スライド(写真家 飯田裕子)

(2)バンダ・アチェからの津波被害報告(サーフショップOcean Zone 佐藤 明)

(3)安房の災害の歴史:(千葉県立安房博物館館長 天野努)

【パネルディスカッション】

○パネリスト

・天野努(安房博物館館長)

・高橋直樹(千葉県立中央博物館 上席研究員)

・上田真寿夫(SFJ、鴨川海づくり会議)

・愛沢伸雄(NPO南房総文化財・戦跡保存活用フォーラム理事長)

○コーディネイタ-:池田恵美子(同・事務局長)


【主催】NPO南房総文化財・戦跡保存活用フォーラム

【共催】千葉県立安房博物館、安房地域文化史研究会

8/20~22*第8回戦争遺跡保存全国シンポジウム館山大会

【大会趣旨】

20世紀の二度にわたる世界大戦の惨禍を踏まえ、「平和の世紀」という願いとともに迎えた今世紀に入ってもなお、世界各地では憂慮すべき深刻な事態が巻き起こっています。自衛隊派遣などで世論が揺れる現在、過去の過ちを繰り返さない選択をするためにも、「平和の語り部」とも言うべき戦争遺跡から学ぼうという動きが活発に起き始めています。このように戦争遺跡に課せられる役割が一層大きくなる中で、これらを史跡として保存しようという運動は、多くの市民や自治体の力で粘り強く進められています。こうした全国の運動をひとつに結び、よりよい保存や継承の方法を研究することを目的に結成した「戦争遺跡保存全国ネットワーク」は、1997年第1回戦争遺跡保存全国シンポジウム長野大会を皮切りに、第2回(沖縄)南風原大会、第3回京都大会、第4回(高知)南国大会、第5回(神奈川)川崎大会、第6回(山梨)甲府大会、第7回(大分)宇佐大会を開催してきました。

そして今夏、第8回戦争遺跡保存全国シンポジウム館山大会を開催する運びとなりました。太平洋に突き出た房総半島南端部に位置し、東京湾の入り口にあたる館山市は、帝都東京を守るための要塞地帯として、また想定された本土決戦に備えて造営された戦争施設が数多く残されている貴重な地域です。館山市では「地域まるごとオープンエアーミュージアム(フィールド博物館)・館山歴史公園都市」構想をもつ平和宣言都市として、今春、平和学習拠点として「旧海軍赤山地下壕跡」の一般公開も始めています。また市民活動としては「南房総文化財・戦跡保存活用フォーラム」という研究調査・ガイド団体も全国に先駆けてNPOとして旗揚げし、全国からの企業・学校等の平和学習ツアーのニーズに応えています。こうした先進的な取組みに学びながら、知恵と経験を一同に集め、戦争遺跡保存の運動をさらに前進させ、平和な未来づくりの一助となることを意図しています。


【日時】2004年8月21・22日(土・日)

【会場】たてやま夕日海岸ホテル 千葉県館山市八幡822

【主催】戦争遺跡保存全国ネットワーク・第8回戦争遺跡保存全国シンポジウム館山大会実行委員会

【共催】館山市・館山市教育委員会

【実行委員長】 各務敬

【現地事務局長】愛沢伸雄

【郵便振替口座】00100-0-757936 名義:戦跡全国シンポジウム館山大会

【日程】

○8月20日(金)

・プレ現地見学会(茂原市・夷隅町・大原町の戦跡めぐり)

○8月21日(土)

・現地見学会:赤山地下壕跡・掩体壕跡・射撃場跡等(館山市)

・記念講演/基調報告/開催地域報告「戦跡の保存活用とまちづくり」

○8月22日(日)

・分科会「戦跡保存運動の現状と課題」「調査方法と保存整備の技術」「平和博物館と次世代への継承」「地元の平和活動報告」

・全体集会/閉会式

○8月23日(月)

・オプション現地見学会:東京湾要塞大房岬砲台関連施設・「戦闘指揮所」壕・噫従軍慰安婦の碑 …等

【問合せ先】戦争遺跡全国ネットワーク(松代大本営の保存をすすめる会気付)

TEL&FAX:026-228-8415

【参考図書】『戦争遺跡から学ぶ』岩波ジュニア新書


*詳細はこちら。