ウガンダ通信 / Letter

【Report】3月の活動報告が届きました!

ウガンダから3月の活動報告が届きました。

 まず最初に、新しく建設された教室(建物)についての報告です。
(2月活動報告もご覧ください)
 暑さを軽減するための天井をとりつける工事が終了しました。自立に役立つ
洋裁技術を学ぶ生徒たちのための教室が完成しました!また、防犯上、鉄製の
ドアをとりつけることで、ミシンなど学校の資産を守ります。
 教室自体は完成しましたが、開校のためには生徒のいすや、講師の方の机、
黒板等を設置していく必要があります。

 

No.1 天井の取り付け工事/Construction of ceiling

 

No.2 教室内部の様子/Internal appearance of the new classroom block

続いて、若者の所得向上のためのレンガ製造事業についてです。
建造物の増加に伴い、レンガの需要も高まっています。

 

No.3 レンガ製造①/The brick making project by the youth①

 

No.4 レンガ製造②/The brick making project by the youth②


 最後にカウム農場についての報告です。
 現在ウガンダのほとんどの地域が雨期を迎えています。農家たちは作物の
植えつけに忙しい状態にいます。食糧自給達成の一つの方法として作物、
野菜を植えつけています。
 また、火事によって駄目になってしまった松の植え替えを試みています。
これによって環境保全に貢献し、同時に収穫の時期になったら、将来の所得
向上につながるでしょう。

English Summary

We received the end of March 2012 Monthly Report from Uganda.

At first, they reported the new classroom block at Awa-Minami 
Tailoring School.
They have done on the ceiling to reduce heat duaring hot days.
And, the new classroom for students who are about to start learning 
tailoring skills to help them become self reliance in life had finished.
They had also put on metaldoor as burglar proof to protect the sewing 
machines and other school properties that will be in there.
But they need chairs for students, desk for instructers, blackboard etc.
to open and start teaching.
→Please look upward(Picture No.1 and 2)

Next, they reported the brick making project done by youth as income 
generation project. Presently bricks are on high demand as the rate of 
construction is high too.
→Please look upward(Picture No.3 and 4)

Finally, they reported Kawumu farm.
It is now rain season in most part of Uganda and farmers are very busy 
planting their crops. They are planting food crops, lots of vegetables 
as a way of achieving food for self sufficiency. 
At same time they are trying to replace the pine trees that were 
destroyed by the wild fire. In doing this, they are contributing towards
protecting the environment, and at the same time, this being as a future 
income generation when the right time of harvest finally comes.

【Report】2月の活動報告が届きました!

ウガンダから2月の活動報告が届きました。

まず、AWA-MINAMI洋裁学校に関するお知らせです。
AWA-MINAMI洋裁学校の校長のオフィスと教室1室から成る新しい建物が
建設されました。

 

No.1 新しく建設された建物 / NEW BUILDING

これから安房高JRC部、安房・平和のための美術展のみなさんからの
支援金をもとに購入された手動のミシンを設置していきます。
壁のペンキ塗りや照明のための電気配線、天井板の設置などの工事も
行っていきます。

現在、洋裁を教え、学校を運営するための経験豊富なスタッフの面接を
行っています。最終的に最もふさわしい2名を採用します。
毎日2コマの授業を予定し、各授業で10名ずつの生徒を受け入れていく
ということです。

そして、昨年12月に始まったAWA-MINAMI洋裁学校のトイレがほぼ完成!!
あとは配管工事や扉の設置などの小さな工事のみです。

 

No2. トイレの正面 / The front view of toiles

 

No3. トイレの側面 / The side view of toilets


続いて、KItalya小学校についての報告です。
長年校長を務めていたMadam Drothyがお辞めになり、新たにMr.Hoodが校長を
務められるそうです。
母のいない多くの子供たちにとってMadam Drothyは、教師であり、
「母」のような存在であったそうです。とても辛い別れですが、今度は新たに
校長となるMr. Hoodが子どもたちの「父」のような存在となってくれることでしょう。

 

No4. 左からMr. William(先生/Teacher)、Mr. Stuart(CUFI)、
Mr.Hood(新校長/New Head Teacher)、Ms. Drothy(前校長/Ex-Head Teacher)、先生(Teacher)

 

No5. 学校給食プロジェクトに使用される食糧を運ぶ児童
students carry the food for the school lunch project at Kitalya primary school

 

No6. 小学校から車で帰宅。今日は特別。いつもは長い距離を歩いて帰ります。



English summary

We received a report of activities from C.U.F.I, Uganda.

Firstly, we report on AWA-MINAMI Tailoring School.
The new building which consists of a classroom and an office to be used 
by the Head teacher of the AWA-MINAMI Tailoring School was constructed. 
Please look upward. (picture No.1)

C.U.F.I is going to fit new sewing machines, paint walls and do electrical wiring 
for lights etc. They will also hire two well trained staffs to handle the school.

Moreover, the toilets of AWA-MINAMI Tailoring School were almost finished. 
Please look upward. (picture No.2&3)


Next, we report on Kitalya Primary School.
Madam Drothy who had worked for a long time at school as head teacher resigned. 
And Mr. Hood serves as a new head teacher. Madam Drothy was a great teacher and mother 
for many children who do not have mother. It was very hard saying goodbye to her, 
but new head teacher, Mr. Hood will become a great father at Kitalya Primary School.
Please look upward. (picture No. 4 to 6)

【Report】Kawumu農場 防火対策と計画

Kawumu農場は、6エーカー以上の広大な土地に恵まれています。この土地には、
オレンジ、ナス、豆、カボチャなどが栽培され、また、松の木も多く植えられています。
CUFIは、コミュニティの人々と共に持続可能な農業を目指しています。

 

No.1:Kawumu農場 / Kawumu farm

しかし、2月の下旬にこのKawumu農場近隣からの火が燃え移り、5年になる松林、約1000本が
焼失してしまいました。ウガンダでは、雨季は3~5月、10~12月であり、2月は乾季の時期となります。
この乾燥した天候が火事の広がりに拍車をかけたようです。

 

No. 2:火事の後 / After the wildfire

CUFIはこの松の木の焼失は、大きな損失である一方、教訓でもあると言っています。
以下、防火対策と共に計画している内容を報告してくださいました。

1.灰となった松の木の植え替え(松の木のストレス度合いの確認後)
2.木の間のスペースに成長の早い大豆やトウモロコシなどの穀物や野菜などを栽培
3.火事の発生を避けるための防火対策
4.枯れ葉などの燃えやすいものを減らす

English>

Kawumu farm has large land. There are oranges, eggplants, beans and pumpkins. 
Moreover, there are a lot of pine trees. CUFI tries to sustainable agriculture with community
people there.
Please look upward. (Picture No.1)

However, the wildfire which had crossed over from immediate neighbors’bush and burnt 
five years old pine trees forest and about 1000 trees of pine were burnt almost to ashes. 
The dry weather contributed to the rapid spread of fire.

Please look upward. (Picture No. 2)
CUFI mentioned this wildfire is quiet a big loss, while this is a lesson to CUFI’s 
activities. They gave us report which they are planning. The plan is as follows.

1. Replacing the pine trees that were burnt to ashes.
2. Growing quick growing crops such as corn, beans and vegetables in the space that 
is available among the trees
3. Putting in place the fire break measures that will be well looked after to avoid 
future fire out breaks that damages the forest.
4. The pine forest floor always has light vegetation and less dead materials as this 
increases the fuel quantity on the forest floor and courses fires to ignite more easily.

【Report】AWA-MINAMI洋裁学校 トイレ建設プロジェクト

現在、AWA-MINAMI洋裁学校の新しいトイレの建設作業が行われています。
以前のトイレは長年使い続けられたため、とても古くて危険で、健康面への
影響があります。

新しいトイレは、水を使って流す現代風のものにするとのことです。
汚水浄化槽は50年以上使用可能だそうです。以前のトイレと比べ、
ハエなどの虫が出入りするのを防いだり、手洗いを徹底させて
下痢や赤痢のような病気になる原因を減らすことにつながります。

 

汚水浄化槽の穴を掘っています。

 

レンガの積み上げ作業です。

 

 

コンクリートを塗る作業です。

 

手前のコンクリートが汚水浄化槽。奥のコンクリートの壁はトイレの側面。

 

 

新しいトイレ。もうすぐ完成予定。

また、CUFIのメンバーであるセンパラさんは、コミュニティの人たちが
同じようなトイレを作る知識を身につけられるよう事例を示していくと
話しています。


English Summary

Now, CUFI members are constructing new toilets in AWA-MINAMI Tairoling School.
The old toilets was very old and unsafe and brought health problems.

The new toilets are modern flash toilets using water. The septic tank will
have a life time expectancy of over 50 years. Unlike the old toilets, new
ones would keep flys away in and out. In addition, proper washing hands would 
reduce the cause of diarrehea and dysentery etc. 

Dig a hole of septic tank


Pile up bricks


Cover with concrete

The septic tank(nearby big square concreate) and 
The new toilets (concrete building at the end of this picture).

New toilets. They will finish soon.

Also, Mr. Stuart who is a member of CUFI mentioned he believes 
these toillets are going to set an example to the community around 
to acquire a similar facilities.