お知らせ / News

「新着情報」は以下のように分類されています。

【お知らせ】…イベント等のご案内です。
【活動ブログ】…安房地域での活動をお知らせします。
【ウガンダ通信】…CUFIの取組み、ウガンダの子どもたちの様子をお知らせします。
【メディア】…新聞や雑誌などで紹介された記事です。
【ウガンダ関連ニュース】…アフリカ・ウガンダ関連のニュースを紹介します。


【署名】旧安房南高校木造校舎の 保存活用と国指定文化財への格上げを要望します!

▶ オンライン署名を始めました。ご協力をお願いいたします。

▶ オンライン署名    紙の署名簿PDF

安房南高等学校旧第一校舎(千葉県指定有形文化財)
保存活用および国指定文化財への格上げの要望書

関東大震災の教訓をもとに、千葉県立安房高等女学校は技術の粋を集め、和洋折衷のすぐれた意匠を施し、1930年に建てられました。左右対称に大きく羽を広げた白鳥のように美しい姿は、女子教育の殿堂にふさわしいものでした。戦後は千葉県立安房南高等学校となり、国内外で活躍する卒業生を多く輩出しています。鉄筋造に作り変えられる時代に、保存された旧第一校舎(以下、木造校舎と略)は、1995年に千葉県指定有形文化財となりました。

ところが、2008年の学校統合により閉校となり、日常的に使用されなくなりました。少子高齢化が進む現代社会において、木造校舎は心の拠り所であり、地域住民の誇りを醸成し得る文化遺産です。安房地域の観光においても、重要景観建造物として魅力的なランドマークといえます。

関東大震災の教訓をもとに、千葉県立安房高等女学校は技術の粋を集め、和洋折衷のすぐれた意匠を施し、1930年に建てられました。左右対称に大きく羽を広げた白鳥のように美しい姿は、女子教育の殿堂にふさわしいものでした。戦後は千葉県立安房南高等学校となり、国内外で活躍する卒業生を多く輩出しています。鉄筋造に作り変えられる時代に、保存された旧第一校舎(以下、木造校舎と略)は、1995年に千葉県指定有形文化財となりました。

そこでNPO法人安房文化遺産フォーラムが事務局を担い、2017年に「安房高等女学校木造校舎を愛する会」を発足しました。以来、千葉県教育委員会が主催する公開事業の企画運営をはじめ、館内の巡視や清掃、草刈りなどの環境整備に協力してきました。しかし閉校から15年を経た木造校舎は、塗装も剥げ、損傷が進んでいることを大変憂慮しています。

また、学校には明治期以降の貴重な教育資料も多く残されています。明治期以降、先駆的な女子教育が果たされてきたことや、混乱した戦時下や占領軍の直接軍政下における教育なども明らかになっています。教育実践の歴史的価値は高く、学校博物館としての活用も期待されます。

『千葉県文化財保存活用大綱』(以下、「大綱」と略)には、「県は、市町村と連携し、県として重要と認められる文化財については、県指定文化財に指定するよう取り組みます。また、国による国指定等への取組について、県及び市町村は、国と連携して取り組みます。市町村が国指定等を目指す場合においては、県は、国との連絡調整を行います」と明記されています。市・県・国と地域住民が一丸となって、文化遺産を未来に継承するために、国指定文化財への格上げを要望いたします。

▶ オンライン署名はこちらから。 

⇒ 木造校舎の紹介動画やパンフレットはこちらからご覧ください。

【report】新年のご挨拶

Dear everyone in Tateyama,

I hope this message finds you well and healthy.  Greetings to everyone there. How was Christmas? For me I was able go and be the children of Mede and we celebrated Christmas together. I was happy seeing sweet smiles on their faces. Clothes, and other gifts were exchanged and we ate a good meal with the community. Happy New Year once again.

Sincerely, Dec. 31, 2023
Stuart Sempala


親愛なる館山の皆さん

このメッセージがあなたに元気と健康を与えてくれることを願っています。 そちらにいる皆さん、こんにちは。 クリスマスはいかがでしたか? 私は、メデ村の子供たちと一緒にクリスマスを祝いました。 彼らの優しい笑顔を見ることができて嬉しかったです。 衣服やその他の贈り物が交換され、コミュニティと一緒においしい食事を食べました。
そして、明けましておめでとうございます。

スチュアート・センパラ

【report】来日のお礼メッセージ

Dear everyone in Tateyama,

It is a month now since I returned back home from Japan.  I still feel it was a dream come true. I was so blessed getting the chance to meet and see the old friends of my life.

I appreciate and give thanks for all that you arranged for me. The schedule was tight, yet it was important to go through it all. You planned it so well.

I give thanks for the coverage of photographs taken at all visits you arranged for me. It is a history well preserved, our children and grandchildren will live to know about it. I have been sharing this trip experience with CUFI members, our children and my family since my return.

I may not get the opportunity to thank everyone individually, who was involved in my successful visit and stay in Japan during this trip. Therefore  I humbly request you to convey my sincere gratitude and appreciation to all for their warm welcome they  offered me during the 30 years celebrations of friendship, cultural exchange and support we have received from the people of Japan all this long. May God bless you all.

Sincerely, Oct. 1, 2023
Stuart Sempala


親愛なる館山の皆さん

日本から帰国して1ヶ月が経ちました。  夢が叶ったと今でも思っています。 私の人生の古い友人たちに会って会う機会を得られたことはとても幸運でした。

あなたが私のために手配してくれたすべてに感謝します。 スケジュールはタイトでしたが、すべてをやり遂げることが重要でした。 とても上手に計画してくれましたね。

すべての訪問で写真を取材していただき、ありがとうございました。 それはよく保存された歴史であり、私たちの子供や孫たちは生きてそれについて知るでしょう。 帰国以来、私はこの旅行の経験をCUFIメンバー、子供たち、家族と共有してきました。

この旅行中の私の日本訪問と滞在の成功に関わってくれた皆さんに、個別に感謝する機会はなかなかないかもしれません。 したがって、30年にわたる友好、文化交流、日本の国民からの支援の祭典の中で私を温かく迎えてくださった皆様に、心からの感謝と謝意をお伝えいただきたいと思います。 神が皆さんを祝福してくださいますように。

2023.10.1
スチュアート・センパラ

230921講演録 スチュアート・センパラ氏

【講演録】 2023.9.21.

ウガンダ支援交流30年のあゆみ

記念講演:スチュアート・センパラ

続きを読む »»

【房日】230913_ウガンダからセンパラ氏

支援交流30年で21日に記念式典 館山

(房日新聞 2023.9.13付)

旧安房南高校の生徒らが1994年に始め、安房地域の高校生らに引き継がれてきたアフリカ・ウガンダの支援交流で、長年交流を続けてきたNGOウガンダ意識向上協会の代表、スチュアート・センパラ氏が来日する。

来日に合わせ21日、支援交流が始まって30年の記念式典を館山市コミュニティセンターで開催し、講演会を行う。20、21日には展示会を実施する。

NPO法人安房文化遺産フォーラムが主催。旧安房南高校のウガンダ支援交流は、同校の統廃合を経て安房高校JRC部、現在は安房西高校JRC部が引き継ぎ活動している。

講演会は第1・2集会室で、午前10時から正午まで。参加無料、資料代として500円。30年の交流の歩みを紹介する展示会は、午前10時から午後4時まで。

なお、同NPOでは、物価高騰で高額になっているセンパラ氏の旅費、滞在費の寄付または支援グッズ購入での協力を呼び掛けている。

問い合わせは、同NPO(0470―22―8271)へ。
⇒ 詳細はこちら。

【Report】ウガンダより支援金の御礼とメッセージ

安房地域で長く続くウガンダ支援交流の活動にご協力いただきありがとうございます。支援先ウガンダ意識向上協会(CUFI)より、支援金の御礼と活動報告が届きましたのでお知らせします。

続きを読む »»

【お知らせ】千倉 ART マルシェに出店

千倉 ART マルシェ2023

日時 2023年4月15, 16日(土日) 9:00~16:00 雨天中止

場所 道の駅ちくら潮風王国 芝生広場・中庭広場

☆ NPO安房文化遺産フォーラムは、16日のみ出店
ウガンダ支援コーヒー・アフリカ布のハンドメイド製品・手しごと雑貨など

⇒ 売上(諸経費除く)は、ウガンダの子どもたちの生活・教育支援に充てられます。