お知らせ / News

「新着情報」は以下のように分類されています。

【お知らせ】…イベント等のご案内です。
【活動ブログ】…安房地域での活動をお知らせします。
【ウガンダ通信】…CUFIの取組み、ウガンダの子どもたちの様子をお知らせします。
【メディア】…新聞や雑誌などで紹介された記事です。
【ウガンダ関連ニュース】…アフリカ・ウガンダ関連のニュースを紹介します。


【Report】支援金活用の報告書が届きました!

ウガンダ意識向上協会の代表スチュアート・センパラさんより、
コロナ禍のウガンダの状況や昨年度の支援金がどのように使われているか報告書が届きました。

支援金は、主にカウム農場にある「アヤコ記念館」の改修・増築に割り当てられました。
「アヤコ記念館」はカウム農場の本館になり、事務所や集会室、訪問者や作業者のための宿泊施設になります。
※「アヤコ記念館」は、支援交流を牽引してきた愛沢伸雄さんの次女で、故綾子さんに由来して命名された建物。

ロックダウン中は、カウム農場の作物を子供や高齢者を抱える家庭に提供したりしました。
職を失い、収入がない家庭がほとんどだったので、農場で採れた野菜や果物が非常に役立ったようです。

・ウガンダ支援交流の報告      …⇒ PDF(日本語English
・報告書:支援基金の報告   …⇒ PDF(日本語English

安房西高校JRC部と支援バザーに向けて打合せ

ウガンダ支援交流28年目。
3校目のバトンを引き継いだ 安房西高校JRC部と コロナ禍を乗り越え、 3年ぶりのミーティング。
支援交流のあゆみ ⇒ https://awa-ecom.jp/uganda/section/interaction-04/

6/25,26の文化祭で支援バザー。
アフリカンプリントのエプロンや バッグ、アクセサリーなど ハンドメイドグッズと、
ウガンダコーヒーを販売。

支援先NGOウガンダ意識向上協会スチュアート・センパラ代表から
安房西高校JRC部の皆さんへメッセージも届きました!
⇒ センパラさんからのメッセージ(PDF

約5年前に寄贈した車が元気に活躍中!
写真の女の子は、グル市の寄宿学校に入ることになり、
寄贈した車で学校に到着。
学校で学ぶ機会とともに、病気を抱える彼女は
適切な医療ケアも受けられることになりました。
***
2017年、CUFI代表センパラ氏より、
活動車両が水牛とぶつかり故障してしまったというSOSが届きました。
クラウドファンディングで活動車両を買い替える資金協力を呼びかけたところ、
全国から多くのご支援が届きました。
目標金額を超える130万円が集まり、中古車を寄贈。
道路状況が悪く、食料をはじめ物資運搬、通学の支援、治療を受けるための送迎、
多岐にわたる活動に車は欠かせません。
ご支援いただいた皆さんの想いをのせた車が、
子どもたちや支援活動の支えとなり、助けとなっています。
改めて多くのご支援に感謝!
211202*リトル房総マーケットに出店

NPO法人安房文化遺産フォーラムでは、
12/4(土)開催の「リトル房総」マーケットに出店いたします。

27年続いているウガンダ支援交流の一環で、
色鮮やかなアフリカンプリントを用いたハンドメイド商品や
自然栽培で風味豊かなウガンダコーヒー等を販売します。

*日時 2021年12月4日(土) 10時~15時

*場所 カフェ&ガーデンMANDI

*NPO販売商品
・ウガンダのハンドメイド商品、ポストカード
・ウガンダコーヒー
・漬物、ジャム、雑貨
*出店店舗紹介
第17回安房・平和のための美術展

Art For The Earth 2021  第17回安房・平和のための美術展

…⇒公式サイトFB

会期=2021.8.21(土)~29(日)
会場=枇杷倶楽部ギャラリー
入場無料

安房・平和のための美術展は、2005年にスタートし、今年で17回目となります。安房ゆかりの美術家たちが、平和のために何ができるだろうかと始めた展覧会です。

出品して参加、観て参加、チャリティで参加する美術展です。一人でも多くの方のご来場をお待ちしております。

 

第17回安房・平和のための美術展に、
協力団体としてNPO安房文化遺産フォーラムの
「館山まるごと博物館」を展示しました。

日米開戦から80年
安房の平和学習
安房とウガンダ友情の絆27年