2005年

2005年9月3日
*虹のかけ橋~ウミホタルとアワビがむすぶ日米交流

⇒PDF:案内チラシ ⇒PDF:当日配布資料

日時=2005年9月3日(土)13:30~16:00
会場=千葉県南総文化ホール大ホール

【第一部】
・合唱組曲『ウミホタル~コスモブルーは平和の色』初演コンサート
=作詞:大門高子/作曲:藤村記一郎

【第二部】
・スライドによる講演・日米対談
=サンディライドンVS堂本暁子千葉県知事

明治時代、南房総のアワビ漁師たちは、宇宙服に似たヘルメット式潜水器を漁業に導入しました。その漁法は太平洋をわたり、南房総の海岸風景によく似たアメリカ・カリフォルニア州モントレーの地で、新たなビッグビジネスを生みだしました。排日の機運の高まりのなかで、アメリカ人投資家と共同でアワビ事業を起こした南房総の兄弟-小谷源之助・仲治郎。彼らの事業は干鮑に始まりアワビ缶詰や鮑ステーキへと続くなかで、「アワビ」は徐々にアメリカ人の家庭に浸透していきました。カリフォルニア州政府は、その地元への貢献を称え、日系移民100周年にあわせて、彼らが活躍した地を「コダニ・ビレッジ」と公式に命名しました。

千倉町七浦出身で戦前にハリウッド俳優となった早川雪洲も、モントレーへ渡航経験のあった兄の関係で渡米したといわれています。また、「宵待草」の詩で一世を風靡した竹久夢二や憲政の父とも称される尾崎行雄ら日本からの文化人、政治家が小谷たちの地を訪問するなど、日米交流に重要な役割を果たしました。

現在、この同じテーマで調査研究を進めてきた日本とアメリカの人びとの交流により、これまで埋もれていた地域の歴史が明らかになってきています。モントレーの日系移民史研究の第一人者サンディ・ライドン名誉教授は、かつて日系人が排斥された時期に、高い潜水技術が評価されていた房総のアワビ漁師だけは、日米両国の政府から特別に渡米が許されていたという歴史事実を明らかにしました。

一方、戦時中、東京湾要塞地帯にあった館山は重要な軍事拠点であり、終戦直後の1945(昭和20)年9月3日にはアメリカ占領軍3,500名が上陸した地でもあります。この事実を知ったライドン名誉教授は、「戦後60年」の節目である2005年9月3日に平和を祈念し、南房総とモントレーの真の友好を願って、40名のモントレーの人たちとともに来日することになりました。

アメリカと房総にゆかりの深い堂本暁子千葉県知事もこの席に加わり、ライドン名誉教授とともに、地域から未来に向けての新しい日米民間交流の夢を語り合います。

【参考資料】『太平洋にかかる橋~アワビがむすぶ南房総・モントレーの民間交流史』

 

国際交流を育む ~ウミホタルをアワビがむすぶ日米交流 2005.9.3

2005年9月3日、アメリカ・カリフォルニア州モントレー湾周辺域から40名の市民が来日。カブリオ大学名誉教授サンディ・ライドン氏の講演と堂本暁子千葉県知事(当時)の英語対談、館山発祥の合唱組曲『ウミホタル~コスモブルーは平和の色』の初演コンサートを館山の南総文化ホールで開催した。

事の発端は、日系移民史研究者であるライドン氏が、NPO法人安房文化遺産フォーラムの発行する『あわ・がいど①戦争遺跡』を入手したことから始まる。この冊子の表紙にある米占領軍館山上陸の写真とのキャプションを見て、ライドン氏は驚いたという。曰く、「アメリカで戦争の歴史といえば、1945年9月3日のミズーリ号敗戦調印式で終わっている。翌日に米占領軍が館山に上陸したということは、世界史的出来事である。60年目のこの日に館山で日米平和親善交流を行ないたい」とのことであった。館山において、9月3日は戦後日本のスタートであり、平和記念日と呼ぶにふさわしい。NPOはこの申し出に賛同し、平和式典を企画した。

館山湾に生息するウミホタルは現在観光のシンボルになっているが、戦時中は軍事利用目的で子どもたちが採取していたという逸話があり、2004年に合唱組曲『ウミホタル~コスモブルーは平和の色』が誕生している。かねてより発祥の地館山で初演を行ないたいという希望もあったので、アメリカ市民の歓迎演奏として、初演コンサートを同時開催となった。韓国児童同様、アメリカ市民も来日前から『レッツゴー沖ノ島』を日本語で練習しており、当日は1,000名の日米大合唱となった。

「多くの人は、自分の暮らす足もとの地域についてほとんど知らないが、南房総とモントレーはとても共通点が多い。今回、南房総の自然や歴史・文化、市民同士の交流を通じて、自分のまちモントレーを深く知ることになるだろう。それは、ディズニーランドや東京あるいは京都・奈良だけでは発見することができない。同様に、南房総の市民にとっても、モントレーを知ることによって新しい気づきが生まれるだろう」 というライドン氏の言葉どおり、8日間にわたる南房総滞在の交流を有意義に過ごした後、再来訪を誓って帰途についた。

本事業に際し、カリフォルニア州務長官とサンタクルス市長からは、「南房総・モントレーの平和宣言」が贈呈された。NPOではこれを記念し、資料冊子『太平洋にかかる橋~アワビがむすぶ南房総・モントレー民間交流史』を和英表示で発行した。

(『地域にのこる先人たちの遺産から国際交流を育む』より抜粋)