交流史年表

年表:南房総・モントレー民間交流史

年表 (●は関連した動き、アメリカのできごとはアミかけして表示)
西暦 和暦             で き ご と
1857 安政4 長崎、飽くの浦(あくのうら)造船所で泳汽鐘(釣り鐘器潜水器)を使用
1866 慶応2 増田万吉、横浜で機械式潜水により英国弾薬倉庫船「ナッソウ号」の船底を修理
1867 慶応3 安房郡根本村、小谷清三郎・たよの長男・源之助生まれる(1月)
1872 明治5 安房郡根本村、小谷清三郎・たよの二男・仲治郎生まれる(7月)
1878 明治11 増田万吉、根本村沖で器械式潜水によりアワビ漁試験を実施(4~7月)(この時の出資者の一人森惣右ヱ門の弟が、小谷清三郎)
1880 明治13 増田万吉、東京赤羽工作分局で、器械式潜水を明治天皇に実演(6月)
1882 明治15 ●中国人排斥法
1883 明治16 増田万吉、千葉県人・鈴木与助以下37人を真珠貝採取のため、日本政府の許可を得て豪州に2年間派遣(10月)
1885 明治18 ●日本政府、ハワイへの契約移民(2月)
1888 明治21 小谷仲治郎、佐野英語学校に3月まで在学
1889 明治22 関沢明清、大日本水産会水産伝習所長に任命
1890 明治23 関沢明清、農商務省農務局次長心得となる
1891 明治24 小谷仲治郎、大日本水産会水産伝習所卒業(9月)
1892 明治25 関沢明清、農商務省退官。館山で捕鯨他の漁労開始(8月)
1893 明治26 小谷仲治郎、安房郡七浦村千田・平野みわと結婚(1月)
1894 明治27 ●日露戦争
1895 明治28 野田音三郎、森林伐採・薪切りのためワッソンビルからモントレーに赴く
1896 明治29 野田音三郎、採鮑業の有望性に着目、日本の農商務省に水産の専門家派遣を要請
1897 明治30 安房郡七浦村千田で大火(1月)
1898 明治31 小谷源之助、サンフランシスコに到着(9月)
小谷仲治郎、3人の男あまとともに渡米(12月)
小谷兄弟、ホエラーズ湾地域をカーメルランド&コール会社から借りて、干しアワビ製造開始
海水温が低いため、素潜りから器械式潜水に変更。3人の潜水夫渡米(9月)
A.M.アレン、ホエラーズ湾地域をカーメルランド&コール会社から購入(64エーカー)
1899 明治32 小谷源之助、新潟県佐渡・田中リンと結婚(9月)
1900 明治33 安房郡七浦村千田・平磯からアワビ漁業者7人渡米(2月)
小谷兄弟UCバークレー校の海洋生物学者によるケルプ、海洋生物調査に協力。小谷兄弟、ホエラーズ湾地域に糸杉の苗を植林し自然保護を行う。
1901 明治34 漁獲アワビの大きさ規制
小谷源之助、日本の一時帰国
1902 明治35 小谷兄弟、A.M.アレンと協働でポイント路ボス缶詰会社設立(同社の取扱量はカリフォルニア州アワビ市場の75%を占めた)
増田万吉逝去(4月)
小谷リン逝去(9月)
小谷源之助、鴨川町横渚・田代ふくと結婚(12月)
1903 明治36 小谷源之助、単身再渡米(3月)
1904 明治37 小谷ふく、長男・英雄とともに渡米(8月)
●日露戦争
1905 明治38 ●「サンフランシスコ・クロニクル」紙で反日キャンペーン(2月)
●「アジア人排斥同盟」サンフランシスコで結成(5月)
1906 明治39 ●サンフランシスコ地震(4月)
安房郡七浦村千田からアワビ漁業者1人渡米(11月)
小谷仲治郎、日本に帰国 潜水士の渡米を援助
1907 明治40 安房郡七浦村千田からアワビ漁業者1人渡米(2月)
●日本人のハワイ等からの転航移民禁止(2月)
1908 明治41 ●日米紳士協約で日本人移民を制限(3月)
1909 明治42 漁獲アワビの大きさ規制強化
1913 大正2 小谷仲治郎、千田漁業組合長に就任
●カリフォルニア州議会で外国人土地所有禁止法(8月)
スライス加工のアワビ商品化
1914 大正3 ●第一次世界大戦
1915 大正4 干アワビ製造禁止
1917 大正6 カリフォルニア州内のアワビ缶詰工場数は5工場
アワビ調理人、ポップ・アーネスト、サンフランシスコからポイントロボスに移る
1919 大正8 朝日新聞「海の底へ」連載(千田港での器械式潜水体験)。小谷仲治郎について流ちょうな英語を話す人物と紹介(7月)
1920 大正9 ●写真花嫁への旅券不交付(2月)
カリフォルニア州議会で外国人新土地法(12月)
1922 大正11 小谷仲治郎、七浦小学校の学務委員就任(12月)
1923 大正12 関東大震災(9月)
1924 大正13 「オーシャンクイーン号」購入
●アメリカ議会で排日移民法(5月)
1925 大正14 ポイントロボスに朝香宮夫妻訪問(11月)
1927 昭和2 ●親善人形使節「青い目の人形」(約12,000体)横浜港に到着(1月)
1929 昭和4 ●株価の大暴落で世界恐慌(10月)
1930 昭和5 A.M.アレン逝去
千倉町千田・長性寺で、A.M.アレンの追悼法要(4月)
小谷源之助逝去(7月)
千倉町千田・長性寺で、小谷源之助の追悼法要(8月)
1931 昭和6 ポイント路ボスに高松宮夫妻訪問(5月)
ポイントロボス・ゲストハウスに竹久夢二滞在(8~11月)
尾﨑行雄、娘2人とともにポイントロボス訪問(9月)
ポイントロボス缶詰会社閉鎖
1933 昭和8 小谷仲治郎、安房郡水産会長就任(4月)
1934 昭和9 ポイントロボスに倉松画伯滞在(9月)
1941 昭和16 ●太平洋戦争
1942 昭和17 ●大統領行政命令9066号 日系人の強制立ち退き(2月)
小谷ふく、省三、高橋源之助らアリゾナ州ボストン強制収容所に収容(5月)
1943 昭和18 小谷仲治郎逝去(4月)
七浦国民学校で小谷仲治郎の安房郡水産会・千田漁業組合合同葬(4月)
1952 昭和27 小谷ふく逝去(1月)
●日系人への帰化権許可(6月)
1964 昭和39 カリフォルニア州水産局技師・キース・コックが平野まつ宅訪問(12月)。平野まつは小谷仲治郎の長男・義雄の妻
1988 昭和63 ●レーガン大統領、日系人強制収容に関し公式に謝罪(8月)
1994 平成6 ポイントロボスで記念式典、コダニビレッジと命名(8月)
2005 平成17 館山市・南総文化ホールで「虹のかけ橋~ウミホタルとアワビが結ぶ日米交流」開催(9月)
モントレー・マリタイムミュージアムで「アワビが結ぶ日米交流」イベント開催(11月)
2006 平成18 シンポジウム「The Abalone Connection – Celebrating the Shimmering Bridge Between the Monterey Bay Region and Minamiboso, Japan -」