ウガンダ共和国とは

ウガンダ基本情報

正式名称 ウガンダ共和国(Republic of Uganda)
面  積 24.1万㎢  ・・・ほぼ日本の本州大
人  口 4,286万人
首  都 カンパラ
日本との時差 -6時間
独 立 日 1962年10月9日
言  語 英語、スワヒリ語、ガンダ語など
宗  教 キリスト教(60%)、伝統宗教(30%)、イスラム教(10%)
通  貨 ウガンダシリング
政  体 共和制
元  首 大統領
国  会 一院制(任期は5年)
主な産業 農業(珈琲、茶、料理用バナナ、トウモロコシなど)、漁業(淡水魚など)、工業(セメント、繊維品など)
一人当たり国民総所得 600米ドル
成人識字率 70%
初等教育純就学率 94%
小学校に入学した児童が最終学年まで残る割合 21%
平均余命 60歳
5歳未満児の年間死亡数 1,000人中90人


※参考:ユニセフ『世界子供白書2017』、外務省HP(2018)

 

アフリカの真珠  – The Pearl of Africa –

ウガンダ共和国は、アフリカ大陸東部に位置し、南スーダン、ケニア、タンザニア、ルワンダ、コンゴ民主共和国に囲まれた内陸国です。

赤道を横切る広大な高原(国土の大半が平均高度1,200m)をもち、一年中陽光に恵まれ、快適な気温(15~30℃)によって育まれた豊かな自然環境は、世界中の人々を魅了しています。世界的に気性とされるマウンテン・ゴリラの全生息数約700頭の半数以上が生息しています。

世界でも有数の息をのむような景観、植物相や動物相があり、世界で2番目に大きなビクトリア湖があります。この湖は、世界最長といわれるナイル川の源流です。多くの緑にあふれ、観光地として人気があります。

(2019年8月ウガンダ訪問 高野清孝氏撮影)