『あわ・がいど③〜海とともに生きるまち』

『海とともに生きるまち〜館山まるごと博物館』

生まれ育ったまちでも、
意外に知らないことが多いもの。
何気なく歩いている通りでも、
ふと足もとの石ころに目をとめれば、
そこからたくさんの物語が見えてくる。
「たてやま地域まるごと博物館」の
エリア別ガイドブック。

【サイズ】A5版白黒56頁

【価格】600円(税込)

【目次】

●Aまちなかエリア 〜 産業振興と震災復興

-1.近代館山の「文明開化」
-2.産業の振興
-3.関東大震災からの復興
-4.館山の教育力とまちづくり
-5.転地療養と医療伝道

●B城山エリア 〜 房総里見氏と『八犬伝』の世界

-1.房総里見氏の歴史
-2.『南総里見八犬伝』のふるさと
-3.里見氏ゆかりの寺社
-4.里見を活かしたまちづくり

●C赤山エリア 〜 戦争遺跡と平和への願い

-1.東京湾要塞とアジア太平洋戦争
-2.館山海軍航空隊と赤山地下壕
-3.館山周辺にあるおもな戦争遺跡
-4.戦時下に暮らす子どもや住民たち
◇平和学習と安房南高校のウガンダ支援活動
-5.戦後の「直接軍政」とユネスコ精神

●D沖ノ島エリア 〜 歩いて渡れる無人島

-1.沖ノ島の自然環境
-2.地形の移り変わり〜歩いて渡れるようになるまで
-3.沖ノ島のサンゴと沼のサンゴ層
-4.古代の人びとの暮らし
♪『レッツゴー沖ノ島』

●E北下台エリア 〜 近代水産業発祥の地

-1.近代水産業の夜明け
-2.館山からはじまった水産教育
-3.北下台の「順天丸」「坂東丸」と韓国の「快鷹丸」殉難碑
♪ ふたつの殉難歌『スタンバイ』
-4.館山港を照らした正木燈
-5.小高熹郎記念館〜たてやま海辺のまちかど博物館
-6.太平洋を渡ったアワビ漁師たち
-7.房総の海に魅せられた男たち

◎ 館山の歩んだ歴史
◎ 年表:館山からみた近現代史
◎ “平和・交流・共生”を学ぶ「たてやま地域まるごと博物館」